サモメタ・ブルーレッドSの魅力と可能性!

今回はエンドウクラフトより新発売となりましたサモメタの噴火湾サーモン釣行記となります。

同行者は友人の坂本氏、ゆいパパのパパw

今年の自分の噴火湾でのサーモン釣行で思った事「喰いが浅い・・・・」
(サーモン釣行とかいうのちょっとカッコつけただけでいつもは鮭釣りって言ってます。見栄はってすみません・・・・)

8年くらい前に始めた鮭釣り。 以前はもっと前アタリも「ガンッ」ってノッタ時も「グィ」ってもっと明確だったように感じられますが・・・。  3年くらい前からは「ガヤ」なのか「ウグイ」なのか不明な前アタリ。 リトリーブ中の気持ちは「化けてくれ!」 と言った不明確なものになった気がしてます・・

8年位前と比べ何が変わったか? 「水温かなぁ??」
鮭の釣れ始め。自分はブルーのルアーを多用しますが 中期、、、はまだ水温も下がり切っていない。 はっきりと答えが出ない時、水温が高い時などには3色入ってるルアーを使うようにしております。

3色入ってるルアーと言えば・・・、
ブルーレッドS!
サモメタ ブルーレッドSで可能性をテストしてみました!

AM05:00スタートの05:51
1枚目

テストカラーのブルーレッドSアワビ仕様
すみません・・・ ルアー口から外れちゃいました・・・・・

その後06:15
2枚目
3枚目
もう一度 テストカラーのブルーレッドSアワビ仕様
とここで2本ともメス。 やはりアワビは効く!
その後カラーローテするもアタリはあるがノラず・・・  んー

AM08:09
ルアーチェンジ後
4枚目
テストカラー ブルーレッドS 真ん中グロウ仕様
実は前回 この真ん中グロウ仕様・アワビ仕様ではかなりばらしがあり自分の中でかなりの可能性があったので集中的に振ってみました。 
注)バラシは自分の下手さです・・・・・

勿論、同行者坂本氏もやっつけてくれました!
5枚目
6枚目
サモメタ ブルーレッドSでの釣果  やはりブルーレッドS 中期には抜群の反応!

ゆいパパのパパさんもやってくれます!!
7枚目
サモメタ ブルーピンク

流石「主」 釣るわー

そして日が高くなってくると坂本氏がこのカラーでGET!!

8枚目
サモメタ ケイムラピンクドットシェル

自分が使用した感想ですが、
サモメタはデットスローで大きく左右に振ります。(浮きやラインがガンガン動くほど)
そして潮の変化、(漁港などの潮の変化が乏しいところでは1/3回転早くリトリーブ)でその左右への振りは不規則になり魚にはかなりいい刺激になるようです。

不規則な動きを魚が嫌うようであれば気持ち早めのリトリーブで小さな左右の振りに変化しますので手に取った方は試してみてください!

以上噴火湾での「鮭釣り」でしたw

〇タックルデータ

坂本氏
ロッド Shimano CARDIFF MONSTER LIMITED110P
リール Shimano TWINPOWER 4000
ライン Shimano Power Pro 1.5号

ヒロシ
ロッド Shimano CARDIFF MONSTERLIMITED 110P
リール Shimano SW STELLA 4000PG
ライン Shimano Power Pro 1.5号