サモメタに使用する針と餌について

サモメタの性能をより発揮するために、使用する針と餌のサイズや取付方法をご紹介したいと思います。

以下の説明に出てくる針は、市販されている一般釣り具メーカーさまの商品を基準にしています。
餌はソーダガツオを使う前提での説明です。

大きめの餌を付ける場合の良い例

DSC_0792

DSC_0794

全長4cm幅1.5cmの餌の片側約1cmを折り返し、針を刺す。
段差フック(2本針)の場合は針のハリスに遊びを付けずに刺すこと
でバラシが少なくする事が出来、キャスト時の餌落ちがしにくく、キャスト飛行が安定する。

大きめの餌を付ける場合の悪い例

DSC_0796

DSC_0797

餌の折り返しを同等の長さにしてしまうと、キャストを繰り返すにつれて餌が開き、飛行姿勢が安定しなくなる場合がある。
また、その影響で着水時にテーリング(針がラインに絡む)しやすくなる。
段差フック(2本針)を使う場合、1本の針だけを刺し、片方の針がフリーのままだと飛行姿勢にも影響する場合があり、着水時にフリーの針が遊び、テーリング(針がラインに絡む)しやすくなる。

理想的な餌のサイズと取り付け例

DSC_0802

1.5寸の針の場合は、餌のサイズを1cm×1cm

DSC_0799
2寸の針の場合は、餌のサイズを1cm×1.5cm
2.5寸の針の場合は、餌のサイズを1.5cm×1.5cm
(画像の上が2.5寸で、餌は折り返しを付けた短冊サイズ。画像の下が2寸で、餌のサイズが1cm×1.5cm)

餌を小さくする理由の目的は、飛距離アップとフッキング向上、そしてテーリング(針がラインに絡む)を防ぐ事。

針の刺し方は、段差針の場合はハリスの長い方に餌を付けて、短い方はフリーで良い。
理由は餌が小さいことで空気抵抗が少なくなり、飛行姿勢が安定することでテーリング(針がラインに絡む)しづらくなる。

以上が良い例、悪い例を簡単ですがまとめてみましたので、参考にしていただければ幸いです。