カテゴリー別アーカイブ: フレッシュウォーター

トラメタ-レポート(支笏湖)

3月6日 今シーズン初の支笏湖に行ってきました。

朝一気温も高く波、風共に雰囲気あり!

まず、表層?中層までエスト18でゆっくり探りながら目的のポイントまで打ちながら歩く
ポイント到着後、表層~中層探ってみるが反応なし…
魚はボトムかな?と思ってジグで探るも風のせいで思ったようにしゃくれない…
そこで試したいアクションがあったのでトラメタで探ってみる事に

フォール姿勢が良いことをふまえフルキャスト後フリーフォールでボトムまで送り、ロッドで大きくリフト、その後ゆっくりリール巻きながらテンションフォール
なるべくボトム付近トレースするイメージでやっているとカケ上がりでドン!!
トラメタに助けられた釣行になりまさした
また、試したアクション、イメージ通りにヒットにビックリしましたが嬉しい初物でした。

METALLIPLESS9-REPORT

野崎さんメタリ9釣果
metal LIPLESS9 「カモフラ」にて。

いつも車関係のことでお世話になっている野崎さんより頂いておりました道央河川での釣果(^^)

通常のシルバー系、ゴールド系のカラーで見切られてしまうようなハイプレッシャーのポイントではカモフラが効くよ!と嬉しいコメントも頂きました☆

今度その「秘境」に連れて行ってくださいね♪

またご報告お待ちしています(^^)

湿原河川釣行レポート

3月下旬 いつもの湿原河川へ行ってきました。

朝から濃霧がかかり気温が上がらず先行き不安でしたが、
一本で手からは飽きない程度にアメマスが釣れました。

スプーン・ミノー・ジグとローテーションしつつ探り折り返し地点へ。

それからもポツポツ数を伸ばし往路でスプーンを流し反応があったエリアまで戻ってきました。

メタリ18gクラウンを直アップにフルキャスト。

フォーリングさせますがボトムにはタッチせず、
ボトム~20㎝を意識しルアーコントロールします。

リフトフォールさせない動きで引いてくるとガクンとルアーが止まるバイト。

軽くアワセを入れるとグワングワンという手応えがあり、
そこで2発の追い合わせを入れます。

流れと一緒にこちらに向かってくる個体は明らかな大型でしたが、
テストロッドでしたので抜きにかかりました。

が、ちょっと無理のようでしたので仕方なくネットランディング。

DSC_0035
metal LIPLESS(メタルリップレス) 18 道東プロトカラーにて。

71㎝の良型でした(^^♪

DSC_0041

DSC_0045

このほかにもレギュラーサイズを数本キャッチ。

このカラーは湿原では鉄板ですね♪

年末年始の釣行記-続編

1/4 この日も最低気温は氷点下10℃を下回りました。

いつもより遅めの8時に歩き始めましたが

先行者は居なく、噂で聞いていた通り渋い状況のようでした。

目当てのエリアまでは徒歩1時間半で到着。

オーバーハング下の最奥に落とし込むとすぐに反応があり

執拗にダウンで見せるとヒットしました。

当日は流下中よりも、ラインが開ききってからのスイング中のほうが反応が良かったです。

日野-年末年始釣行記

それだけ活性は低かったのかと思います。

ですから沈降速度を抑えたメタルリップレス18gが使いやすく

ダント30では早すぎる感じでした。

また低活性時は各種タックルの点検をお忘れなく。

特にフックポイントには気を配りたいですね。

シャープナーを使用するより交換のほうが手っ取り早いので次回釣行に備えフックを量産中です。

また報告します(^-^)

年末年始の釣行記

2013釣り納めの模様をお送りします(遅!)

いつもの湿原河川へ行ってきました。

140120_a

140120_e

早朝は冷え込みが厳しく、数キャスト後フックを見ると氷の衣が付いてました(汗)
それでも水深のある淵を丹念に攻めると元気の良いアメマスがバイトしてきました♪
サイズも50台後半と調子良かったです。
ヒットルアーはメタルリップレス18gピンクヘッドチャートとダント30ブラックラメでした(^ ^)

140120_b

140120_c
ボトムノックの釣りでは必携です。
川でダント30gは重すぎると言われそうですが、使い慣れると、ダウンでの執拗な攻めで威力を発揮します。
どうぞお試しあれ。

年始の釣り初めの模様もなるべく早く送りますm(_ _)m