カテゴリー別アーカイブ: フィールドスタッフ日野彰釣行レポート

カラフトマスレポート

お盆休みに短時間勝負を挑んだカラフトマスでしたが、反応を得られなかったので盆明け早々知床にリトライしてきました。
事前情報は無く、今年の傾向だけでポイントを絞って釣行しました。
それでも低く立ち上がる波間にはカラフトマスの魚影が確認できたので、それに向かいルアーをトレースしていきます。
選択したのはメタルリップレス9g ピンクドット。
ピンクドットは定番中の定番。
6gか9gかどちらにするかは風向きと遠投の必要性、波高を加味して選択します。
今回は横風が強く風波もたってきたので6gでは水面直下のレンジキープが困難だったので9gとしました。
30分~40分に1度回遊してくるスクールを見逃さず、進行方向を把握してキャストコースを選択しすかさずキャストします。
遠浅のポイントなので、それを逃すとすぐに沖合の射程圏外に出ていってしまいチャンスも遠ざかります。
そしてキャストしたメタリがサーフェイスをキープするようコントロールするとグンッとティップが入りファイト開始。
カラフトマス特有のダッシュと珍しいステイを堪能し危なげなくランディングに成功。

1440581068198

1440581065563
少し背ッ張ったオスは独特のカッコよさがありますね(^ ^)
小粒なメタリは口を使いにくい時間の経った個体には向いているように思います。
ただ、極力リトリーブスピードは抑えスレ掛りをしないよう注意することは不可欠です。
またチャレンジしてきます。

日野 彰 フィールドリポート

道東サーフの海サクラは、一昨年・昨年と不調が続いておりましたが、今年は序盤でパラパラと釣果があったと声が聴こえてきたので、いつものサーフへ行ってきました。

自宅から車で30分でポイントまで到着するので、平日の出勤前釣行です。

午前3時30分現地に到着。

平日ど真ん中でありながら全盛期を思わせるアングラーはざっと50人ほどいました。

DSC_0050 - コピー

真水が流入する河口部は実績が高く人気もあるので、狭いところで3mくらいでひしめいていることから、ボクは遠投主体のスタイルなので悠々と釣りをしたいため間隔がまばらな、河口より30mくらい離れたところにポジションを取りキャスト開始。

ベタ凪で潮色も良く期待が高まります。

4時前からキャストし始めましたが早々に河口部でパラパラと上がり始めました。

ダント40ダント50等々からローテーションして、沖の表層を引くためにI.Oカスタム グリーンバックに。

淡水が沖に伸びる先端あたりには自分がフルキャストで届いているっぽかったんで、とにかく遠投し120mラインまでジグを運び、着水からホットゾーンである70mラインまで集中して誘いをかけつつ巻いていると80mくらいでズドンとヒット!

ヒット直後は水面上でバタバタしてるのが見え、水中戦になるとローリングが激しく慌てましたが横向きに張り付く感じで落ち着いてきたんで、あとは身切れしないよう慎重なロッドワークで寄せに掛かります。

途中、ジィィィーーーとドラグが鳴り、沖に向かって猛ダッシュされたんで『アレ?良型アメ?』とか思いましたが、波打ち際の立ち上がる波の中に姿をみて海サクラ確定。

最後、波が砕けるところでちょっとヒヤっとしましたが強引にズリ上げ、このサーフ一発目を幸先よくキャッチしました。

DSC_0041 - コピー

DSC_0049 - コピー

まじまじ見るとデカかったです。

59cmあり重さも十分でした♪

今シーズン2本目で嬉しい良型キャッチでした。

ロッド:リップルフィッシャー シルバーストリーム アヴァリス116M
リール:セルテート3012H
ライン:サンライン キャストアウェイPE0.8号
スペーサーライン PE3号
リーダー:サンライン コンパクトショックリーダーFC 7号
ルアー:エンドウクラフト ダント30g40g50g IOカスタム メタルリップレス35g 
D-3カスタムジグ28g 福女子38g チビ福女子18g

ヒットルアー IOカスタム グリーンチャート

ウェア
アングラーズデザイン
アメリカンメッシュキャップ レッド
同上
ウェーディングレインジャケット モカブラウン
同上
ネオプレミアムウェーダー タン 
同上
エクストリームⅡ ブラック
同上
システムアップバッグ3 イエロー
同上
システムアップバック4イエロー
同上
マルチユースバッグ イエロー
同上
ランバーサポートベルト レッド
同上
フィッシュグリップホルダーⅡ イエロー
同上
ライトグローブ レッド
同上
プライヤーホルダーL ブラック

地元サーフ釣行

 地元サーフに調査釣行してきました。この前日よりポイント探索に出掛け、潮流や地形を確認して歩いていました。

052
 

 その時点で雨鱒の反応は確認できたのですがサクラマスが掛からず翌日も釣行しヒットしました。
雨鱒が鮭稚魚に盛んにボイルしていたので、ダントやアイオーではなくサイズをマッチさせるべくメタルリップレス18gにサイズダウンした直後のヒット。

日野くんメタリ18釣果
metal LIPLESS 18 「ワカサギ」にて。

50cm弱の個体でしたが、波打ち際では粘ってくれました。

サーフとしての時期はまだ早く、嬉しいサクラマスでした。

今度はサイズアップ目指してみます。

湿原河川釣行レポート

3月下旬 いつもの湿原河川へ行ってきました。

朝から濃霧がかかり気温が上がらず先行き不安でしたが、
一本で手からは飽きない程度にアメマスが釣れました。

スプーン・ミノー・ジグとローテーションしつつ探り折り返し地点へ。

それからもポツポツ数を伸ばし往路でスプーンを流し反応があったエリアまで戻ってきました。

メタリ18gクラウンを直アップにフルキャスト。

フォーリングさせますがボトムにはタッチせず、
ボトム~20㎝を意識しルアーコントロールします。

リフトフォールさせない動きで引いてくるとガクンとルアーが止まるバイト。

軽くアワセを入れるとグワングワンという手応えがあり、
そこで2発の追い合わせを入れます。

流れと一緒にこちらに向かってくる個体は明らかな大型でしたが、
テストロッドでしたので抜きにかかりました。

が、ちょっと無理のようでしたので仕方なくネットランディング。

DSC_0035
metal LIPLESS(メタルリップレス) 18 道東プロトカラーにて。

71㎝の良型でした(^^♪

DSC_0041

DSC_0045

このほかにもレギュラーサイズを数本キャッチ。

このカラーは湿原では鉄板ですね♪

年末年始の釣行記-続編

1/4 この日も最低気温は氷点下10℃を下回りました。

いつもより遅めの8時に歩き始めましたが

先行者は居なく、噂で聞いていた通り渋い状況のようでした。

目当てのエリアまでは徒歩1時間半で到着。

オーバーハング下の最奥に落とし込むとすぐに反応があり

執拗にダウンで見せるとヒットしました。

当日は流下中よりも、ラインが開ききってからのスイング中のほうが反応が良かったです。

日野-年末年始釣行記

それだけ活性は低かったのかと思います。

ですから沈降速度を抑えたメタルリップレス18gが使いやすく

ダント30では早すぎる感じでした。

また低活性時は各種タックルの点検をお忘れなく。

特にフックポイントには気を配りたいですね。

シャープナーを使用するより交換のほうが手っ取り早いので次回釣行に備えフックを量産中です。

また報告します(^-^)

年末年始の釣行記

2013釣り納めの模様をお送りします(遅!)

いつもの湿原河川へ行ってきました。

140120_a

140120_e

早朝は冷え込みが厳しく、数キャスト後フックを見ると氷の衣が付いてました(汗)
それでも水深のある淵を丹念に攻めると元気の良いアメマスがバイトしてきました♪
サイズも50台後半と調子良かったです。
ヒットルアーはメタルリップレス18gピンクヘッドチャートとダント30ブラックラメでした(^ ^)

140120_b

140120_c
ボトムノックの釣りでは必携です。
川でダント30gは重すぎると言われそうですが、使い慣れると、ダウンでの執拗な攻めで威力を発揮します。
どうぞお試しあれ。

年始の釣り初めの模様もなるべく早く送りますm(_ _)m